捨て活したら、支出が3割減った話

捨て活

7月〜8月にかけて、大々的に捨て活をし、身の回りのモノたちがとてもすっきりしました。

頭の中のスイッチがパチっと切り替わって、10月以降支出が激減。
これは思わぬ副産物でした…

2010年、こんまりさんの著書「人生がときめく片づけの魔法」を手に取って以来、ようやく私の”溜め込み症”(よく言えばモノ持ちが良いともいうw)からの脱出。

どうして10年もの間“溜め込み症”を抜け出せなかったのか?そしてなぜ今回、抜け出せたのか?ということから、私の思考を分析してみたいと思います。

次の目標は「スーツケースひとつで暮らせる」くらいにモノを減らすこと。
思い立った時にどこにでも行けるよう、身軽になりたい。


なぜ捨て活が成功したのか?

目的が明確じゃなかった

とにかく私は、ずっとモノで溢れた生活をしていました。
いろんなことに興味があるので、趣味のモノも多い。
それに加えてお仕事で使うカメラの機材やら、本やら、ついつい買ってしまう洋服やら。

今思うと、何かしらの不安があって、モノを買ってしまっていたのかも。

いつも『捨てなきゃ、片付けなきゃ、なんでモノが減らないんだろう…』という思考が頭の中にあり、断捨離の本や、片付けの本を読んでは片付く→モノが増えるの繰り返し。そんな状況がいつも気になる日々。

そんな状況から、今回抜け出せた理由。
これまでと今回とで明らかに違ったのは、『目的があった』こと。

“なんとなく”片付けるではなく、”現状を変えたい””将来のためのお金を生み出したい”という目的を持って捨て活をスタートしたということでした。

捨て活のコツ〜何を捨てるかではなく、何を残すか〜

「人生がときめく片づけの魔法」を読み返して、ここをもっと強化しようと思ったのが、

  • 「何を捨てるかではなく、”ときめくものだけを残す”にフォーカスする」ということ。
  • 「片付いた後どんな人生を送りたいか?」をしっかりイメージしてモノを残すこと。

それに当てはまらないものは処分することにしました。

もう、10年も前に本を買って、捨て活のたびに読んでいたのに、なかなかうまくいかなかったのは、”残すモノ”を中途半端に選んでしまっていたということ。”片付いた後どんな暮らしをしたいか”をしっかりイメージできていなかったこと。

“捨てる”にフォーカスしすぎていて、どこか心が満たされていなかったように思います。

高かったから、いつか使うかもしれないから、まだ使えるから…etc
本に書いてある、NGなことのまんまですがw、私はこの辺のモノも残してしまっていたので、いつまで経ってもすっきりとしなかったのです。過去に執着しすぎていました。

今回はもう思い切って、高かったブランド品も、痩せたら着ようと思っていたスキニージーンズも、全部スッキリ処分。

いつでもぴょいっと行きたいところに行けるように
自分の【大好き】に囲まれ、気分良くお仕事がしたい。

そんなライフスタイルを叶えるモノだけを残すことを決意して、捨て活に励みました。


大切にしていたはずのモノを大切にできていなかった

捨て活をしていく中で、すごくショックだったこと。
それは、大切にしていたミシンが動かなくなってしまっていたことでした。

そのミシンは、中学2年生の誕生日に両親からプレゼントしてもらったもの。お裁縫が大好きな私は、26年経った今でも(使わないまま…)大切にクローゼットの中にしまっておいたのです。

ふと使う機会があり、動かそうとしたところ、モーターが壊れてしまっていたのか、うんともすんとも動きません。

“モノを大切にする”って、ずっと使わずにしまっておくことではなく、丁寧に使ってあげること。

大事にしているつもりでも、しまいっぱなし、ほっぽらかしでは本当に大切にしているとは言えません。

この出来事が、”本当に大切にする”とうことの意識を変えてくれた出来事でした。


思い切り捨て活したら、結果的に支出が減った

そんなこんなで、捨て活をしてしばらく経った頃、支出が大幅に減っていたことに気づきました。この副産物にはオドロキ….!

どうしてそんな流れになったのでしょうか…

モノが少ない快適さを知る

モノが減ると、なんだかとっても快適です。
快適さを感じるモノの量は、人それぞれだと思うので、一概に”このくらい”とは言えないのですが、もやもやした気持ちで取っておいたモノを手放すと、ものすごい爽快感!

何がどこにあるのか、何がどのくらいあるのかを把握しているため、探し物もすぐ見つかるし、服のコーディネートに迷わない。パソコンの容量がドバッと増えた時のようなサクサク進む感じ。

この感覚を知ってしまうと、これ以上モノを増やしたくない衝動に駆られますw


買い物をする時も【目的】が明確でないと買わない

モノが少ない感覚に快適さを感じてしまうと、もう元に戻りたくなくなるのが人間の思考なのでしょうか、、

出かけるたびに、ネットショップを覗くたびに”なんとなく”買い物をしていた私が、、!すっきり後の管理しやすさに快感を覚えてしまったらしく、もう衝動買いというものをしなくなりました。

買うときは、目的があるものしか買いません。

因みに、服については9/23から、『100日間服を買わないチャレンジ』を決行中です。

片付け癖がついたのか、お金関係も整理したくなる

モノの捨て活がある程度カタがついた後、その他のありとあらゆるモノを整理したくなりw、パソコンの中のデータやら、ノートやら、思考やら、お金まわりやら。

お金まわりの整理をしたところ、支払い関係がものすごくシンプルで管理しやすくなり、結果的に支出が減る流れへ。


↓ 私の支出管理方法はこちら

そんなこんなで、捨て活をしてから4ヶ月が経過しましたが、お金関係の整理も経て、支出が3割減りました。(まだ減らせる気がする)。

何ごとも、”なんとなく”ではなく、意識的に目的をもって行動することが大切。
ということをひしひしと感じたここ数ヶ月。

なかなか捨て活、いいものですよ。

ランキングに参加しています

ポチっとしていただけると励みになります♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました